広電建設株式会社本社 広電建設株式会社本社

私たちについて

広島市民の足である路面電車を中心とした街づくりを基盤として、
「人にやさしいまちづくり」を目指し持続可能な環境社会の実現をしてまいります。

これまでの50年を活かし、
これからの50年を創る。

当社は、1971年に広電住宅産業(株)として誕生しました。設立以来、住宅販売を中心に事業を進めておりましたが、1978年に土木・建築・住宅・不動産の 4つの部門を設け、総合建設業として歩みを始め、名称も「広電建設株式会社」に改めました。今日まで歩み続けられたのは、ひとえに皆様方のご愛顧とご支援のおかげであると心から感謝致しております。

私ども広電建設(株)は、広電グループの一員として、広島市民の足である路面電車を 中心とした街づくりを基盤として、「人にやさしいまちづくり」を目指し、長期的に持続可能な環境社会の実現を目指しております。そして、CO2削減をはじめとする環境問題、建物の耐震化や長寿命化といったご要望にも的確に対応し、地域への社会貢献に努めております。

このため、交通インフラ等の公共事業をはじめ、ビル、医療施設、個人住宅等の建設にあたっては、安全管理を徹底するとともに、次の重点施策を掲げております。

  • 1.良い品質のものを、より安く安全に提供する。
  • 2.お客様が求める品質、安全レベルを確保する。
  • 3.ミス・ロス・事故の削減、根絶
  • 4.内部統制の向上・ISO9001、14001の充実

これらのことから、社是である「お客様を大切にし、お客様と共に繁栄しよう」を常に念頭に置き、社員や関係者に周知徹底し、品質向上や環境への負荷の軽減に対する意識の向上に日々邁進してまいります。今後とも、引き続きご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

広電建設株式会社
代表取締役社長

瀬崎 敏正

50thAnniversary

「いい家族づくり」から
「いい街づくり」まで。

広電建設は、「いい家族づくり」を担う不動産住宅部と、「いい街づくり」を担う土木・建築・鉄道軌道事業から編成されています。

広島の歴史と共にあゆみ、地域の皆さまの暮らしに貢献していきたいと考え、災害に備えた地域地盤整理から、快適な暮らしを提案する団地造成やさまざまな施設の建築。そして、街と街をつなぐ路線バスや路面電車などの交通網の基盤工事などを行っております。

広島がより住みやすい街になるように、これからも地域に根ざした事業を行なってまいります。

  • 不動産住宅部
  • 八丁堀スタートラムと電車
  • 土木工事現場
  • KOI PLACE